akihiro kamijoのWeb小咄

新しいデザイナー/コーダー連携のお話

第10回『次世代のコーディング環境!使ってみようBrackets』

MAX 2013 のスニークピークセッションで紹介された PSD ファイルを Brackets に読み込む機能を紹介します。

レスポンシブデザイン、もう一つのアプローチ

第9回『Webデザイナー必見!レスポンシブWebデザインの新しいアプローチ』

現在開発が進められているという Brackets 用のレスポンシブモードと、ワークフロー視点からの Edge Reflow CC との位置づけの違いをご紹介します。

Flash Pro CC の今後の方向性

第7回『進化した Flash Pro CC – Flash, HTML5, ビデオ表現の可能性を探る』

MAX 2013 情報tから、Flash Pro CC の今後の開発の方向性と、CS6 との関連についての話をご紹介します。

Adobe Web Platform チーム

第6回『MAX 2013 を振り返る – アドビ製品の最新情報』

Web 標準からアプリ実行環境まで幅広く活躍するアドビの Web Platform チームの情報を紹介します。

CSS3 のレイアウト機能

第5回『CSS3 再入門 ~見て使って気持ちのいいインターフェイスの素(もと)~』

CSS 2.1 以降に標準化が進められている、新しいいくつかのレイアウト機能とブラウザサポートの最新状況を紹介します。

JavaScript 関連の最近の動向など

第4回『PHP を知ればもっと WordPress が面白い!今日から入門 Dreamweaver で PHP』

ハイブリッドアプリ開発の視点から JavaScript のパフォーマンスや標準化の方向性などに関連する最近の状況を紹介します。

iOS 向け AIR アプリに外部から SWF を読み込む新機能

第3回『HTML5 と Edge Animate が開くコンテンツ制作の可能性』

AIR 3.7 ベータ版から新しく搭載された、コンパイル時にコードを SWF ファイルから抜き出すことで、iOS 上でも実行時に SWF 読み込みを可能にする新機能を紹介します。

Adobe Scout を正確に使うための豆知識

第2回『AIR Contest に入賞するアプリの作り方と Scout の使い方』

たくさんの情報が表示される Adobe Scout。最初に何を測定して、どこから使い始めれば良いのかという手順と、正しい結果を得るための注意点を紹介します。

「ブラウザ内でデザイン」から「ブラウザに直接つないでデザイン」へ

第1回『レスポンシブデザインのワークフロー徹底討論!&Edge Reflowの可能性を探る』

Edge Code の CSS ライブ開発機能と、Edge Code のベースとなっている Brackets の裏モードで使える HTML/JS のライブ開発機能を紹介します。